自己紹介

自己紹介

     小林重予(こばやししげよ)

冬に生まれました。

「誕生月は、生涯変わらず好きな季節になるでしょう」。
  と占いに書いてありましたが、草花がひっそり冬眠している季節が苦手です。

一年という単位できちんと毎年、桜や辛夷が、枯れたような直径5ミリにも満たない
  細枝から、とんでもない勢いで花を咲かせる春の様子は恐ろしくさえあります。



全活動は下記「道立文学館のサイト」ご覧になってください

「小林重予展」
北海道立文学館



          
*v*v*v*v* ◆ *v*v*v*v*
 

異郷の地で目にした植物の神秘的な生活に

心惹かれ有機的な作品を自身の感情と重ね

制作しています

木や自然物、金属やガラス、紙や糸など多彩な素材を用いた造形作品を

国内外の美術館や画廊などで、発表しています。


*****************************************************************************************************************


*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.* 公共的な場所で野外作品など
                    土地の記憶や歴史、植生や場所性を重視した制作をしています。

越後妻有アート・トリエンナーレ・札幌ドーム・アートグローブ・摩周厚生病院・JR札幌ステラプレイス・
札幌TV局・プロムナード荻窪他はいつでも鑑賞可能です。



*.*.*.*.*.*.*.*   日記画
             日々巻き起こるさまざまな小さな出来事、悲しきこと・ときめくこと
             悲しいこと不安なこと・嬉しいこと・美味しいこと・驚愕したこと
             夢の話しなど拾い集めて200287日~現在も描いています。
きっかけは展覧会で知り合った版画家2名と、官製はがきサイズの数字が1365までナンバリングされている藤原弥生企画 7days cardを使用し一年の約束で終了


その後、私はサイズを海外のポストカードに、紙質も8種類ほどのバリエーションを持たせ現在の形にしました。
2002年から開始し現在 年目に入りました。

    日記画の展覧会
       アートスペース貘・道立近代美術館・宮城感覚ミュージアム・北海道立文学館
       逓信総合博物館・北見北網圏美術館・Cemeti Art House Indonesiaその他
    日記画のオリジナルポストカード販売
   感覚ミュージアム   15種類(Cemeti Art House Indonesia製)116×164
              @150
   北海道立文学館オリジナル  8種類 105×150㎜ @100
                 4種類づつのセット売り 一袋350
                 道立文学館ミュージアムショップにて発売中
                 同館HPから画像確認できます。
※ 後々、こちらもアップ予定


    日記画連載エッセイ「生活情報誌どうしん・みんと」紙面


                記事は許可をいただき掲載しています。
                日記画の制作年月日に統一しアップています。






*.*.*.*.*.*.* *.*.* 往来葉書&出版
         「鬼のいる庭-往来葉書」詩:岡田哲也 画:小林重予
                     09年海鳥社 * 2200円+税

◆  往来葉書の誕生
    「鬼のいる庭-往来葉書」この詩画集には、55通の日記画を詩人へ一年間郵送し
     その葉書に詩人が詩を書き加え、投函返信した記録の詩画集です。
     2人 の間で一枚の葉書が行きかう新しい郵便アートの始まりの本。
     
     出版以後、旭川市民の体験講座から道内各地に広がり、昨年末は
     逓信総合博物館で取り上げられ北海道発の新しい郵便スタイルが生まれました。
     現在わかりやすい普及を関係者達と検討中ですので、改訂版の発表を
     お待ちください 
 ※  往来葉書は作例・ハウツー・記事など追って掲載予定
    美術館・小学校・個人宅などさまざまな場所で開催し、TV・ラジオ・新聞で多く取り上げられました。

●.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*  教育プログラム  
                       物語を造形するワークショップを国内外で開催
◎「想いの種」-------心の庭に育つ他者の種。暮す地域の植生を見つめ物語を造形する
                    旭川美術館・福岡市美術館・宇部国民文化祭・感覚ミュージアム
             田川市美術館・道立文学館・北見北網圏センター・帯広美術館
            ジョグジャカルタ美術大学・道立文学館・他
◎「往来葉書」-------二人の間で一枚の葉書が行きかう新しい郵便アート
                    旭川彫刻美術館・逓信総合博物館・こども冨貴堂・くすみ書房
             札幌市内小学校・北見市内小学校・道立文学館・他
◎「想いの接木」-----連歌のように言の葉を「絵」と繋げ、見知らぬ他者と新しい物語
           を紡ぐ。文学館HP小林重予展「物語る庭」にて詳細アップされています。
           北海道立文学館
◎ 「森の獣になる」「心の庭に・・」その他、その場所性を重視したプログラムを組み立てる。
 
●*.*.*.*..*.* その他
      舞台美術&衣装・写真・戯曲・ポスター&フライヤー・書籍の挿画・装丁画
      などで作品発表






今後、過去の仕事も少しづつ掲載してゆく予定です