往来葉書

改定 *往来葉書* バージョン近日公開!!

 往来葉書とは 

2人の間で1枚の葉書が行き交い
コラボレーション(共同作業)を楽しむアートです。


心の往来(オ~ライ!!ガッテン承知の意味も含む)を育て、日常の些細な事柄を
拾い集め、胸中の感情表現を相手と重ねます。

そんな意味合いもこめて
 《 往来葉書 》 と名付けました。

[往復はがき][絵手紙]のように一方通行で終わらせない点が、とても新しく、
相手を想う心を表す手紙として、北海道で誕生し
東京の逓信総合博物館でも取り上げられました。


    

◆ 往来葉書にこめた想い 

待つ ということ。
自分が投函した葉書に相手がどのように反応してくれるか、その返事を待つという事は、飛来させた種が相手の土地で成長し花束に姿を変え届けられるような期待の時間。

繋がる ということ。
自分でポストへ投函した後、暴風雪の日も毎日ポストマンの手から手で、相手
に届けられ、葉書に返事がのせられ、再び自宅の郵便受けに届けられる喜び。

相互にかかわる ということ。
自分の出した絵や言葉のメッセージに何かがプラスされ形を変えた応答が郵送されます。互いに呼応・触発され応答しあう2者がいて成り立つ郵便。

携帯メールのような瞬時に返答する、コミュニケーションの形とは別に相手の事を想い、制作したものが形を変えて返信されたときのズレを感じることも、とても大切だとおもって居ます。。


往来葉書」という一枚の葉書を通して互いの表現を投げかけ合いながら
繋いでゆく連歌的要素を含んだ企画です。

この「郵便」から生まれる2本の縦糸と横糸から紡ぎだされる小さな物語は、
人の心を結び、想像力の往来を形で
残せる大切な媒体だと私は思います。
そして、多くの方へ広めたいとおもっています。



その特徴と面白く素敵なところは


消印
1枚の葉書に宛名と消印が二つ並び、お互いの出した年月日が印字されます。それは2人の記念日。郵便局で風景印を押してもらうとさらに楽しめます。

切手
相手や内容に合わせて切手を選び、絵やコラージュをして宛名面も作品にしてみましょう。返信用の切手を呼応させる楽しさもあります。

2人に残る
好きな切手や創作した葉書が、自分の手元に戻ってくる楽しみ。受取人の手元にも小さなカードが残り、後で絵合わせすることもできます。

変化を楽しむ
伝えたい想いを形にして作った葉書が、個人の思惑をはるかに超えて変化する驚き。連歌のように自分と他者がいて生まれる予測できない多様な表現。

エコな手紙
1枚の葉書で2人の用件が往来し、紙の有効利用になります。資源ごみやお菓子の紙箱などを再利用して手作り葉書を作ることもお薦めします。

サイズは
116×235mm(封筒の80円定型サイズ以内で)
300キロ前後の紙使用(絵葉書くらいの厚さ
料金は、80(定型郵便物に準じるので、25gまでが80円ー厚さ1cm以内)
それ以上は窓口で計量してもらいましょう。

       どんな人の間を往来するのか、たとえば…
    ◆  絵心、詩心のある人。やってみたいと思う世界中の人。  

◆   孫と祖父母・子供と両親・友人どうしなど。

◆   遠距離恋愛の恋人たちが絵日記のように交換する。

   入院患者と、その家族や友人との間で。

 ◆  学校の場で手紙を学ぶ。他地域の学校と相互に郷土の素敵を見つけ
     介し合う。慣習や食べ物文化の違いなどの情報交換。姉妹都市の間
          特産や自国の風習、風土を紹介しあう。

    ◆   教育の場博物館や植物館、動物園、美術館などで鑑賞学習ののち、
        学んだ事を絵や文字にして他者に伝える。

        ペンフレンド同士など共通の趣味の人たち


※  作例としてご覧ください
    ↓ 私が恵美さんへ投函

 

  ◆ 宛名&住所位置 
(差出人)下部  恵美さん(受取人) 中間部

            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

            同じ葉書に恵美さんが書き加え投函

 

    ◆宛名&住所位置  
       恵美さん(差出人) 「様」 を 「より」に書き直し (受取人)上部
*
                                        
改定 *往来葉書* バージョン近日公開!!