2016/10/30

朗読会「第2章 心の庭で 言の葉を囁く」開催します

「心の庭で言の葉を囁く」フライヤー2016

2014クッカ朗読会 左・河原多恵子さん 右・飛田悦子さん

2104クッカ朗読会会場
朗読会のお知らせです

札幌はすっかり寒くなっており、我が家の庭も冬囲いの季節となりました。
2014年に引き続き
今年も又散文詩書き下ろしの朗読会が開催されます。
 15年続いている、このブログでおなじみの日記画3年分の原画も展示しますので開演前の一時間ゆっくりご覧になってください。


今回の演目は演者のお二人が選んだ日記画に散文を書きおろし朗読していただく予定です。
このブログの絵も多数登場しますので是非いらしてください。

10月より北海道新聞夕刊で不定期の連載「心の庭の植物図鑑」の原画も展示します。
お友達をお誘いあわせの上いらしてください


第二章 「心の庭で 言の葉を囁く」

一日限りの朗読会


■時:12月3日(土) 
12:30 1時間だけの原画展 小林重予
13:30 朗読  河原多恵子  飛田悦子
■場所:言葉のアトリエ・Kukka(クッカ)
札幌市中央区南1条西12丁目ASビル4F
1階「森彦」カフェの4階 
ビル西側が入り口 P無し
■料金:¥1,500 
■ご予約; minpi.note@gmail.com
事前予約お願いします(65席で終了)
主 催; 言葉のアトリエ・Kukka

2016/10/17

心の庭の植物図鑑 連載2回目「火種」

北海道新聞10月13日夕刊
連載2回目「心の庭の植物図鑑」

  【火種】よこしま科
 乾いた心に発生し、他人との摩擦や
不安のため息でくすぶり始める。
波風が立つと一気に着火し、
炎上する例も報告されている。
道ならぬ恋が原因の 場合、
身も心も焼き尽くすので、
早めにもみ消してもらう必要がある。


注)よくご覧ください
  この呑気顔のおっさんのお髭は
  美女のまつげ、
  短パンの右ポケットは唇、
  腕は鼻になっています
母に指さし説明したのですがとうとう
美女の存在確認ができませんでした。
いかがでしょう、見えますか???



2016/10/05

「心の庭の植物図鑑」北海道新聞夕刊に掲載されました

 北海道新聞夕刊 10月5日水曜日

不定期 連載第一回目

「心の庭の植物図鑑」

が掲載されました。

今回は「言わぬが花」
このちょっとずるい顔した女の人の事を
図解説明してみました。

このブログにずっと掲載している日記画と
同じサイズと手法を使って制作しています

ブログ同様
読んでいただけると嬉しいです

そうして面白かったなら
どうぞお友達にもお知らせください