2016/11/16

第二章 「心の庭で 言の葉を囁く」 一日限りの朗読会 小林重予散文詩より

北海道新聞 「札歩路」11月10日掲載
第二章 「心の庭で 言の葉を囁く」

一日限りの朗読会 小林重予散文詩より

■時:12月3日(土) 
12:30~ 1時間だけの原画展 小林重予
13:30~ 朗読  河原多恵子 飛田悦子

■場所:言葉のアトリエ・Kukka(クッカ)
 札幌市中央区南1条西12丁目ASビル4F
 1階「森彦」カフェの4階 
 ビル西側が入り口 P無し

■料金:¥1,500 

■ご予約; minpi.note@gmail.com

事前予約お願いします(65席で終了)
主 催; 言葉のアトリエ・Kukka

※あと少し空席があります 

2016/11/02

北海道新聞不定期連載3回目「茶番」掲載されました

2016.11.02北海道新聞夕刊掲載「茶番」
11月2日北海道新聞夕刊に
「心の庭の植物図鑑」3回目掲載になりました
今回は
「茶番」です

【茶番】独り善がり科 
お茶の銘柄のひとつ。
心の庭の一角にある「見え透いた池」の
近くが原産。
極めて苦く、ほとんど飲用に適さない。
とはいえ飲んでも機嫌が悪くなる程度で、
健康に害はない。
「無視」という名の虫がつきやすい。


12月3日の朗読会では
新聞掲載の原画も展示しますので
どうぞいらしてください。

2016/10/30

朗読会「第2章 心の庭で 言の葉を囁く」開催します

「心の庭で言の葉を囁く」フライヤー2016

2014クッカ朗読会 左・河原多恵子さん 右・飛田悦子さん

2104クッカ朗読会会場
朗読会のお知らせです

札幌はすっかり寒くなっており、我が家の庭も冬囲いの季節となりました。
2014年に引き続き
今年も又散文詩書き下ろしの朗読会が開催されます。
 15年続いている、このブログでおなじみの日記画3年分の原画も展示しますので開演前の一時間ゆっくりご覧になってください。


今回の演目は演者のお二人が選んだ日記画に散文を書きおろし朗読していただく予定です。
このブログの絵も多数登場しますので是非いらしてください。

10月より北海道新聞夕刊で不定期の連載「心の庭の植物図鑑」の原画も展示します。
お友達をお誘いあわせの上いらしてください


第二章 「心の庭で 言の葉を囁く」

一日限りの朗読会


■時:12月3日(土) 
12:30 1時間だけの原画展 小林重予
13:30 朗読  河原多恵子  飛田悦子
■場所:言葉のアトリエ・Kukka(クッカ)
札幌市中央区南1条西12丁目ASビル4F
1階「森彦」カフェの4階 
ビル西側が入り口 P無し
■料金:¥1,500 
■ご予約; minpi.note@gmail.com
事前予約お願いします(65席で終了)
主 催; 言葉のアトリエ・Kukka

2016/10/17

心の庭の植物図鑑 連載2回目「火種」

北海道新聞10月13日夕刊
連載2回目「心の庭の植物図鑑」

  【火種】よこしま科
 乾いた心に発生し、他人との摩擦や
不安のため息でくすぶり始める。
波風が立つと一気に着火し、
炎上する例も報告されている。
道ならぬ恋が原因の 場合、
身も心も焼き尽くすので、
早めにもみ消してもらう必要がある。


注)よくご覧ください
  この呑気顔のおっさんのお髭は
  美女のまつげ、
  短パンの右ポケットは唇、
  腕は鼻になっています
母に指さし説明したのですがとうとう
美女の存在確認ができませんでした。
いかがでしょう、見えますか???



2016/10/05

「心の庭の植物図鑑」北海道新聞夕刊に掲載されました

 北海道新聞夕刊 10月5日水曜日

不定期 連載第一回目

「心の庭の植物図鑑」

が掲載されました。

今回は「言わぬが花」
このちょっとずるい顔した女の人の事を
図解説明してみました。

このブログにずっと掲載している日記画と
同じサイズと手法を使って制作しています

ブログ同様
読んでいただけると嬉しいです

そうして面白かったなら
どうぞお友達にもお知らせください



2016/09/27

「心の庭の植物図鑑」北海道新聞に不定期連載します

10月から「北海道新聞夕刊」に
不定期連載をさせていただく事になりました「心の庭の植物図鑑」というタイトルです

日本語の中には、感情をあらわす表現に
植物にちなんだ言葉が意外と多いです。
根拠・根気・芋ずる式・不実・火種など

それらを 15年目に突入した日記画と同様
コラージュ画で表現し
その「根」や「実」や「種」の解説を空想の図鑑に書いてみる試みです。

本日、秋の新聞新誌面特集に朝・夕刊で紹介されました。
不定期連載ですので、どうぞ夕刊をじっくり読んで探してみて下さい!
みなさんの感想なども寄せていただけると嬉しいです。

2016/08/29

ノンカフェインの紅茶を飲んでから



言葉に詰まったら
ゆっくり
ノンカフェインの紅茶を喉から流し入れます

そうして
いやな気持がしても
言いよどむことなく返答しなくっちゃ
申し訳ないと思っています

「ぐう」の音が出てもお話しするわ

たじろがず
ゆっくり熱い紅茶を流し入れてから

2016/08/20

銀座たちばなのかりんとう


3~40年前上京したての学生だった頃
 
      ・・と書いて思った。
 3~40年と言えば10年もの間が空くというのに
 さらりと大雑把に記してしまった自分に驚く・・・


見るもの聞くもの新鮮で驚きの大都会東京だった。
夏休みの帰省時に祖母から
「たちばなのかりんとう」と「鹿の子」を頼まれ
銀座まで探しに行き迷いに迷った。
今思えば解りやすい場所だが
まさかと思うほど店構えも小さく、
当時、不慣れな土地で
私の視野には全く入らなかったのだ。
そんな老舗が今でも歴史を重ねて営業している。
そのかりんとうを知人からお土産でいただき
3~40年前に食べた味は見事に忘れていたが
祖母が喜んだ様子は当時部屋に射した西日まで鮮明だ。