2015/04/07

君は賢いね


君はいつも 「賢い」よ
僕はね
不完全なものを見て初めて
完全になるために欠けている場所を
実感するけど

実は 完全なんて絵空事なんだと思うんだ 
僕には 品行方正という種が飛来してこない

だから ねじれた気持ちになるのかな
「完全」なんて 「絶対」なんて 
僕の中に微塵もない

こんな僕を見て 
君はふがいないって思うだろうけど
植えても植えても 揺らがないはずの確信は
根腐れしてしまうんだ 
僕の心の庭では

2015/04/06

君に心預ける


 今日は

「君に心を預けても大丈夫ですか」

 と質問された

「あなたの心が重過ぎると 転ぶから

 寄りかかれる椅子を作ってくれたら
 
 大丈夫かもしれない」と返答した

 でも 心預けてどこへ行くの?

 心 空っぽのまま 

 どこへ向かおうとしているの


2015/04/05

毒を吐く人からは 遠く離れる事



皆が喜ぶことは何ですか?

と聞かれて 

毒が残留しない 食物を食べて

生きてゆくことです

と答えた


毒を吐く人の側にも

よらないように しなくっちゃだ

 

2015/04/04

まだまだ寒い


南国ではもう桜が散っているらしい

我が家の庭の八重桜は
赤みを帯びた芽が殻に守られ膨らんでいる

近所の小川の側では
柔らかい毛に覆われて 猫柳が生まれてた
数日後の猫柳は 毒毛虫のように
無数の花粉を逆立てて
それはそれは 恐ろしかった

今年は 寒暖の差が大きいから
木々も戸惑って居るに違いない

私もまだ 覆いたいものがいっぱいで
惑うことがてんこ盛り