2014/11/12

フンデルトワッサー色の毛糸の靴下

先日

郵便ポストに
フンデルトワッサー色毛糸の
手編み靴下が届いていた

私は驚いて
そうして とても嬉しくなってしまった

真冬に こんな靴下欲しいな
そうして
新月の夜にブリューゲルの冬の絵に
出てくるような 山中をスキーで滑りたい
思ったことがあったはず
と記憶の糸口を辿ったら
ちゃんとあった
ふた冬前の日記画の束の中に
靴下は挟まっていた



2014/11/03

耳を塞ぎましょ


今日は
うっすら積もるくらいの雪が降りました
*

企みの前では、耳を塞ぎ

裏がえる心と声の持ち主には 注意して

配慮に欠けている事には 目をつぶり

核心を 言葉にいたしません

*

私の庭は生産力が無くなった
 雪の砂漠ですものね
しかたがないわ
 

2014/11/02

私は白雪姫なの



義母は、私が生きているって知って

鏡をぶち割ちゃったのよ

その鏡の破片が心臓に刺さって死んじゃった

私の美しさに、又別の人が羨んで

毒リンゴを持って来そうだから

こんなかっこうしているけど

私は白雪姫なの、本当よ