2014/10/25

朗読会、盛況に終わりました。

当日配布物

来場者へのプレゼント葉書

















 「朗読会」が無事終了しました。

定員を越える約50名の方達と、その時限りの1時間を共有できた事とてもが嬉しいです。ライブは、儚いけど強い物が宿っている気がします。 私の散文詩を二人のベテラン演者の解釈と音色で、発声され行く様は、私が、卓上で想像していた場面から遠く広い場所へ連れられていった感じがしました。素敵な時間でした。
来場できなかった、あの人もこの方も。。聞いて欲しかったです。 いつか又。

左:河原多恵子さん 右:飛田悦子さん 始まりの御挨拶
朗読会終了後、日記画&立体鑑賞


2014/10/10

朗読会のお知らせです。


私の書き下ろし散文詩・朗読会の
お知らせです
『心の庭で言の葉を囁く』

●出演・朗読/河原多恵子+飛田悦子
 日記画+散文詩/小林重予 

●日時・10/25(土)14時開演:1330会場

●料金・1000円(当日清算) 
 ブログ画面下部のメール封筒から予約ください

●場所・札幌市中央区南1条西12丁目 ASビル4F

          言葉のアトリエ・Kukka
           )駐車場はありません

 詳しくは、kukka の河原多恵子さんブログを! http://kawahara-taeko.seesaa.net/
事有るごとに、ラジオで取り上げてくださった、アナウンサーの河原さんと飛田さん(現:ホスピタリティコミュニケーション講師)が朗読して下さいます。
kukka 開設第一弾は、河原さんによる「向田邦子:隣の女」の朗読会で大盛況でした。
第二弾で上記の朗読会を企画して下さいました。
日記画を背景に
国語である言葉が音声になると、どんな情景が目に浮かぶのだろう・・
と 私自身も楽しみでなりません。400字原稿用紙26枚ほど書きました。
どうぞ皆様、お誘い合わせの上いらして下さい。