2014/07/29

カナリヤが察知する危険



毒に敏感だからといって
カナリヤみたいに 炭鉱で発生する毒が
危険かどうか 
身を犠牲にして
暗い坑道の中飛ばされるなんて 
怖いわ

私は籠の中で 

夜明けの晩までじっとしています
後ろの正面なんて無いんだから
いついつ出やる・・・・
なんて聞かないでください

2014/07/20

星の往来観察で未来を占う


その前兆はあったのに
見逃してしまったのは 私

言葉を飲み込んだあなたの肉体は
妙に静かで 
あんなにざわざわした 
胸騒ぎの音がピタリと止んだ

かつて 人々は天空の星の往来観察で
未来を決定ずけていたそうだ

多くを見逃した私は 未来に怯えても 
星を引き寄せる事ができるのだろうか

あなたは飲み込んだ言葉を
今すぐ吐き出すべし

2014/07/18

コケコッコー花の季節到来


「コケコッコー花」が好きだ

丈は2mにもなり 茎は直立で花をいくつもつけ 夏の印としてあちこちで見かける

花の名前の由来は 
花びらを抜き その根元をゆっくり半分に引き裂き開くと粘着質になるため 赤い花びらは 顎やおでこに貼り付け  白い花びらは腕や足に配置して コケコッコーと叫び飛びはねる鶏に化身できるか 
命名されたにちがいない
街中や庭、海、山にも お盆過ぎまで咲く

この花 「立ち葵」と言う名前が本名で
「コケコッコー花」と呼んでいるのは 
北海道民だけらしい・・・・と近頃知った
まだまだ 知らない事が多すぎると思った

2014/07/07

七夕に船出拒否した 織り姫様

今日は七夕

毎年毎年 彦星に逢うのは疲れるわ
この一年何していたかなんて
 
聞かないで
探さないで 
追いかけないで 
待たないで!

あ~~~よかった 
今年の天空は大嵐
舟は出ない

北海道の七夕は 来月だわ 台風の目が夜空をにらみ どうか船出が困難でありますように 
と短冊に願いを記す 今日は七夕

2014/07/06

ナースの評価


重たい
 
病の重さは石のよう
どれだけ 眠っても
どんどん 石が大きくなって

彼岸から 花売りまでやって来て
祝祭の歌を唄う

ナースは褒めちぎります

お注射我慢 えらいわ

お食事完食 すごいわ

おしっこいっぱい たいそういいわ

 当たり前の日常が 評価され
カルテに記される時は 非日常となる

2014/07/05

傷を印された



擦り傷や引っかき傷は 厄介だ

自己管理で手当てする判断も
時代遅れの 赤チン塗るのか 
サビオ貼るのか 迷う

治りにくい こういう傷は 

いつまでも痛みを伴って かさぶたが外れたら
新しい痛みがやってきて
それが過ぎてもなお 
傷あとは皮膚を変色させ
忘れてはいけない印と言わんばかりに 
しばらく 残る

痛いのは私 傷を印したのはあなた