2007/11/29

さぁ!急ぐわよ!!


2007/11/20

中山峠を描く




雪の降る中山峠をバス越えし、洞爺湖の温泉に向かう車窓から見えた絵。
樹木に重たい雪が、まるで外国のクリスマスカードの絵のように浮き出て見えた、
それぞれの木が踊っているように表情豊かで、大きな山が動いているように感じた。

6種類ほどの日記画用の紙を用意しているが
今回のように、クラフト紙や包装紙を全面に貼り付けて描く事もある。

心象風景や見た風景などスケッチしておき、夜に着彩することが多い。


2007/11/19

抜糸記念日





私は右かかとに直径2cmほどのしこりを8年前から成長を見守っていた。

とうとうく痛くなり、手術を決意し病院で切除、4針縫った。
抜糸の日、ドクターの直筆で病名を日記画の紙に書いてもらい
抜糸した糸もいただいて貼り付け、抜糸記念日とした。
私は体が弱く、すぐに流行の菌を身体で培養してしまう。
気持ちが南方を欲しているのに
身体には南方にしか生息しない柑橘系のアレルギーがある。
体と心の不思議は、作品のテーマでもあるのでよく描く。

2007/11/18

二人の会話


2007/11/11

二人の会話


2007/11/01

霜月の始まり





 昨夜まで神々は出雲に出かけ不在だった

         「神無月」



 今日からは冬に向かう 

         「霜月」 の始まり





 苦手な冬に向かっての 船出の日