2006/12/25

イブの翌日天使達の殻

クリスマスイブに食したチョコの天使達

2006/12/23

全日本大学サッカー大会




こんな年末なのに 大学サッカー試合が続いている

負けると悔しいけど冬休み  勝つと又練習の日々  どっちがいいか選べない

2006/12/22

王様でていって


2006/12/13

失望


2006/12/03

台湾から投函





私は旅先から美しい切手を買って、自分宛に郵便を出す。
消印も、時間の経過や各国デザインの変化を楽しめる。
国内でもよく郵便局に出向き「風景印」というその土地ならではのデザインが施されているスタンプを押してもらう事が好きだ。
幼い時に、初めて外国を意識したのも切手だった。
収集の趣味は今も続いている。
旅先では必ず郵便局へ向かい、友人達に海外旅行のお土産は切手を!とおねだりするほど、
切手は何度見ても見飽きない美しいアートだと思う。




台湾で新年を思い出し虫眼鏡を買った


2006/11/25

掛けてもらえないボタン


2006/11/10

宇部から












宇部から日記画を投函する

表現者とスポンサーについて考えた日


2006/10/23

二人の会話


2006/10/17

二人の会話


2006/10/11

何番目の舌が話したこと?


2006/10/05

独りの満月


今年は 大勢の人と月を愛でても 光が染み入らない
去年の 月夜に照らされた 横顔を思い出す

言わなきゃよかったのかもしれないけれど これでいいんだ これでいいんだ これでいいんだ

と3回唱えて窓を閉めた

2006/09/29

取り組む


2006/09/28

隠し陰にする


2006/09/27

ジャズの絵


2006/09/10

二人の会話


2006/09/07

切り落としたいことばかり





手を差し出した獣の言葉を信じていいの?
信じられない君の言葉を切り落としたい日。


2006/08/31

輪郭が滲む


2006/08/30

インドネシアから



シールタイプの切手はインドネシアから
日本でこんなに重ねて貼ると、郵便局で受け付けてもらえないけど
現地は国際郵便料金が高額だけど、国内郵便は安いので封筒いっぱいに貼る事になる
実際はこの切手面積の3倍くらいを占めていた
ああっぱれという感じがした

三面顔


3つも顔を持ち
6個の眼球で、見落とさないように、失くさないように注意していたのに
意味を見逃した

2006/08/24

悲しさが取れない日


2006/08/21

眞に驚いた


二人も居て、眞に驚いた


2006/08/19

手元灯りを頼りに


2006/08/14

新潟→仙台






越後妻有の作品設置場所(松代)で
横浜ボートシアターの女優さんの宮沢賢治の
演目をお三味線との競演してもらった。
野外空間だったので雨が気になっていた
雨天の場合は近隣のお寺での開催となる

しかし、とっても晴れて、せみ時雨と夕日がものすごく
ドラマティックな芝居となった

すべて新潟の仕事が終了後、仙台へ向かう日は雨

2006/08/07

2006/05/20

2006/04/15

2006/04/03

2006/01/22

旅先用 水彩色鉛筆

旅先用*水彩色鉛筆

2006/01/20

水彩絵の具

携帯用透明水彩絵の具

2006/01/19

Cemeti Art House 個展



インドネシア ジョグジャカルタ CEMETI ART HOUSE にて
3年分の日記画個展開催

2006/01/16

2006/01/05

2006/01/02

切手とステッカー

作品になるのを順番待ちしている切手達